マイクの正しいメンテナンス

マイクはマルチ メディアの一部教室は非常に重要がそれ #39; 簡単、価格は比較的安いが、それは重要な役割を果たしています。マイクは、マルチ メディア デバイス、誤って使用すると、大幅に削減する場合に最も頻繁に使用されるデバイスの一つです。

低寿命、マルチ メディア教室の通常の使用に影響を与えます。そのメンテナンスは、次の事実に注意を払う必要があります。

1、コネクタを削除して、マイクが正しくインストールされています。回転バックル ボタンの上のプラグ、XLR プラグ (通称 kanongtou)、マイクに向かって、マイクの切り込みに合わせ、キー位置の逮捕までそのままプラグをマイクに離れて、マイク コネクタはボタン キーを押しながらプラグを押し、マイクからプラグを抜きます。配置またはプレスがないボタンのキーケースは、アクセス、別の操作を強制しました。

2、quot; howlingquot; 使用中のマイクが表示されます、おそらくマイクの頭の上の手のため、引き起こされるマイクに近すぎるマイクで適切なソリューションです: 最初音量、スピーカーのと同じ距離を引いた、マイクやスピーカーを避けるため、適切なボリュームを調整します。

3、マイクは機密性の高いオーディオ機器、光の高さからの落下を避け、慎重に取られなければなりません。影響は、マイクの感度に損傷をもあります。

4、吹かないマイクやパットのオーディションに手で頭を試聴する方法は通常の音声でマイクに向かって話します。

5、プッシュおよびプルに対してマイクのキーの適度な注意を引くし、場所でプッシュします。使用ノイズの大きな取引を発見した場合おそらくスイッチがない代わりに押されか接触不良によって引き起こされるための適切なアプローチがしてプッシュ スイッチ。場合の連絡先がいい、タイムリーな保守ではないです。

6、会議マイク ワイヤレス マイクや長い間、バッテリーを削除してインストールを使用する必要があります。使用中に音が断続的にある場合それ引き起こされるかもしれない不十分なバッテリ電源による新しい電池を交換する時に。

7、使用しないときは、清潔で乾燥した場所に保管して、マイク、ストレージの使用、高温多湿を避けるためマイクとサウンドの感度に影響を与えるようにします。